旅行出張に海外キャッシングサービスが便利

海外旅行や海外出張が多い方に便利なのが、海外キャッシングサービスです。 これは諸外国の空港や駅、銀行などにあるCDやATMで現地通貨を引き出すことができるサービスです。 日本からたくさんのお金を両替して行っても、旅先で予想以上にお金を使い過ぎてしまうことはよくあるものです。 いざ海外で両替をしようと思ったら、行列ができていたり、営業時間外ということも少なくありません。 そんな時に気軽かつスピーディーに利用できるメリットがあります。 海外のATMも日本国内とほぼ同等の簡単な操作で、現地通貨を引き出すことができるでしょう。 キャッシングですので、両替ではなく、外国通貨を借り入れていることになります。 そのため借り入れた日数に応じて利息が付きますが、逆に両替手数料はかかりません。 借り方や日数によってはキャッシングのほうがお得なこともあるのです。 たとえば、1ドル100円として2万円分をドルにするとしましょう。 国内で両替していく場合、一般的には3%程度の両替手数料がかかります。 手数料にして600円です。 これに対し、海外に出てからATMでキャッシングし、帰国して借入れから14日後に一括返済したとしましょう。 年利18.0%としても利息は137円しかかかりません。 ATM手数料を含めてもコストは安くなるかもしれないのです。 クレジットカード系のローンカードを作成すると、海外キャッシングサービス機能がついていることが多いので、 海外旅行や出張の多い方は1枚作っておくといいかもしれません。


日本で生活をする外国人がお金を借りるには

日本在留の外国人の方でも、もちろん日本でお金を借りることはできます。 ただし、外国人は日本人に比べて融資リスクが高くなってしまうのは避けられません。 そこで、お金を借りるには次の条件をクリアしている必要があります。 それは、「永住権を持っている」「日本語が理解できる」「日本語の読み書きができる」という条件です。 日本に滞在していても、在留期間によっては借り入れは利用できません。 そこで必要となるのが永住権です。 これがなくては申し込みすらできないため注意してください。 そして次に重要なのは日本語の理解力です。 日本に滞在する外国人の方なら既に体験しているでしょうが、世界共通語の英語でも日本では通じないケースが殆どです。 キャッシング契約において書類の記入、キャッシング会社との連絡などは全て日本語で行われます。 そのため、日本語がちょっと理解できる程度ではなく、理解・読み・書きが堪能と呼ばれるレベルでなくては審査に通過するのは厳しくなってしまいます。 これがクリアできていれば、後は日本人に必要な条件と変わりありません。 審査基準はキャッシング会社によるので一概ではないのですが、20歳以上で定職についており、安定した収入があれば大きな問題はないでしょう。 また、雇用形態は問われないので、アルバイト収入でも構いません。 予め必要な要件が分かっていれば、契約の際もストレスを感じることなく、スムーズなキャッシング契約ができます。


このページのトップへ