低金利のローンを選ぼう

お金を借りる場合は、その元金はもちろん、利息も一緒に支払っていくこととなりますので、やはり少しでも低金利のほうが返済は楽に行えるものとなります。 住宅や自動車を購入するときは銀行で目的別ローンを組むことが多くなっていますが、より少額の融資を受けたい、短期間の利用にしたいという場合はキャッシングがとても便利です。 使途も自由ですし、提携する銀行やコンビニATMなど利用できるところが多い点も便利ですし、返済方法も様々用意されています。 選ぶときは、まずは比較サイトなどを利用して利息が安い業者を見つけておきましょう。 そして最近は一定期間無利息で対応してくれる業者もありますので短期間で返済が可能である場合はそうしたサービスが提供されている業者を選んでおくのも良いでしょう。 さらに低金利で利用したいという場合は銀行のカードローンを選ぶという方法もあります。 利用方法や申し込み方法は消費者金融が提供しているキャッシングとよく似ていますが、銀行の場合はより低金利で利用することができますし、銀行ということで信頼性も高いものとなっています。 そして利息が安くても長期に借入となるとそれだけ多くの支払をしていくこととなりますので、できるだけ短期間に完済できるようにしたいものです。 消費者金融のキャッシングはやや利息は高めとなっていますが、利息は日割りで計算されますので、短期間に完済すれば、利息の負担は安く抑えられます。 銀行のローンでも消費者金融でも利息を少なくするには、利率で選ぶのはもちろんですが、短期間に返済することも大事です。


高額貸付かつ低金利の有担保ローンが魅力

気軽にお金が借りられるキャッシングとカードローンは、無担保ローンという種類です。 これは担保の提供が不要で、返済を担保する唯一の源が債務者の資力に依存します。 債務者の収入や勤務先などをしっかり調べ、返済能力の有無を判断することになります。 個人の返済能力に依拠した貸付のため、年収以上の金額を借りることはできず、少額を短期の返済期間で、かつ、比較的高金利で貸し付けるというのが基本の形となるでしょう。 これに対して有担保ローンとは、住宅ローンや不動産担保ローンに代表されるもので、自宅や土地、ビルその他の不動産を担保として提供します。 担保として提供するとは、融資する債権者がその不動産に抵当権を設定し、もし、債務者が返済できなくなった場合には抵当権を実行して不動産を競売にかけることができることを意味します。 競売にかけた売却代金を貸し付けた債務の支払いに充当できるため、債権者としては資金の回収不能リスクが担保がない場合に比べて小さくすることができます。 そのため、無担保ローンに比べると高額貸付が可能で、かつ、返済期間は長期、金利も低く抑えることができるのです。 高額貸付といっても、いくらまで貸し付けられるかは担保として提供する不動産の価値に依存します。 都心の一等地や駅前の土地など資産価値が下がらない不動産をお持ちの場合は、担保価値の評価も高く、多額の借入れが可能となるかもしれません。 不動産の有効活用の手段としても使えるでしょう。


このページのトップへ