教育ローンは子供の希望を叶える最後の砦

子供を育てるにあたっては、多額の費用が必要になります。 生活費はもちろんですが、一番大きな割合をしめるのが学費や塾代、おけいこ代などの教育費です。 小学校から大学まで全てを学費の安い公立に通ったとしても、1人1000万円かかると言われています。 さらに私立にずっと通わせたり、音大や医学部など授業料が高い大学に通わせる場合には2000万円とも3000万円とも言われているのです。 大学生ともなると学費のほか、実家を離れて一人暮らしをするケースも多く、家賃や生活費の仕送りも嵩むことになるでしょう。 この教育費がネックとなって子供を産み育てることに不安をもつ人が増えています。 それが少子化の一因となっているのです。 もっとも、子供の教育費というのは実は資金計画が立てやすいものの1つともいえます。 産まれれば何年後に小学校入学、何歳で中学校入学という「時期」が決まりますから、それに向けてお金を準備していくことが可能だからです。 一方で、「金額」については不透明な部分が否めません。 ずっと公立に通わせようと思っても、受験が上手くいかないケースもあるでしょう。 また、お子さんの希望で進路が大きく異なることも考えられます。 海外留学をしたいとか、どうしても私立のあの大学に入りたいと言われれば、お金借りることになっても子供の希望は叶えてあげたいのが親心です。 準備して来た貯金では足りないとき、頼りになるのが教育ローンです。 資金使途自由のローンに比べると金利が低く、借りやすいのも魅力です。


高額貸付かつ低金利の有担保ローンが魅力

気軽にお金が借りられるキャッシングとカードローンは、無担保ローンという種類です。 これは担保の提供が不要で、返済を担保する唯一の源が債務者の資力に依存します。 債務者の収入や勤務先などをしっかり調べ、返済能力の有無を判断することになります。 個人の返済能力に依拠した貸付のため、年収以上の金額を借りることはできず、少額を短期の返済期間で、かつ、比較的高金利で貸し付けるというのが基本の形となるでしょう。 これに対して有担保ローンとは、住宅ローンや不動産担保ローンに代表されるもので、自宅や土地、ビルその他の不動産を担保として提供します。 担保として提供するとは、融資する債権者がその不動産に抵当権を設定し、もし、債務者が返済できなくなった場合には抵当権を実行して不動産を競売にかけることができることを意味します。 競売にかけた売却代金を貸し付けた債務の支払いに充当できるため、債権者としては資金の回収不能リスクが担保がない場合に比べて小さくすることができます。 そのため、無担保ローンに比べると高額貸付が可能で、かつ、返済期間は長期、金利も低く抑えることができるのです。 高額貸付といっても、いくらまで貸し付けられるかは担保として提供する不動産の価値に依存します。 都心の一等地や駅前の土地など資産価値が下がらない不動産をお持ちの場合は、担保価値の評価も高く、多額の借入れが可能となるかもしれません。 不動産の有効活用の手段としても使えるでしょう。


このページのトップへ