賢くリフォームローンを利用して素敵な家に

リフォームローンとは住宅を改修や増築する為、自己資金でまかなえない場合に借りる住宅ローンのことです。 このローンを利用すれば、通常のキャッシングローンなどよりも低金利で改修工事をすることができます。 ローンには有担保ローンと無担保ローンがあり、建て替えに近いような大掛かりなリフォームの場合は高額の融資を受けられる有担保ローンが、小規模な改修などの場合は無担保ローンが適しています。 有担保ローンは高額のお金を借りれますが、手続きの際に保証料や抵当権設定登記などの費用もかかり、提出書類も必要になってきます。 無担保ローンは工事業者などで手続きを踏むことができ、比較的簡単に借りることができます。 また、融資の取り扱いに関しても、公的融資と民間融資の2種類があります。 公的融資は財形住宅融資などの公的な金融機関が取り扱うリフォーム融資です。 反対に都市銀行や地方銀行をはじめ、信用金庫やクレジット会社などの民間金融機関が取り扱っているものが、民間融資です。 この2つを比較してみると、公的融資は低金利で長期間融資を受けられますが融資条件は細かく、民間融資のほうが手軽に借りることができます。 また、住宅ローンを借りる際には、印紙代であったり、保証会社の保証を付ける保証料など、手続きの際にさまざまな費用がかかってきます。 それらの費用がかかってくることも、念頭に置き、計画的に無理のない範囲でローンを組むことが大切です。


このページのトップへ